とちお游雪まつりに行ってきました

ブログ

2月2日に開催された『とちお游雪まつり』に行ってきました。

栃尾のお祭りに行くのは人生初で、行くまでの車の中で子供もワクワクしている様子でした。

祭りの会場は栃尾の道の駅(R290とちお)で、着いたら何やら不思議な音色が聞こえてきました。

何処から聞こえてくるのかと思って探すと、祭りの会場の人だかりの真ん中にデールというモンゴルの民族衣装を着た女性が馬頭琴という楽器を奏でていました。

その少し離れたところに、栃尾のゆるキャラ『あぶらげんしん』君が音楽に合わせて体を揺らしていました(^^)

その後、栃尾地域の伝統芸能の御神楽の太鼓と大きな獅子の神楽舞が披露され、縁起が良いとされる、獅子のお腹の中に入れさせていただきました。たくさんの人が入っていて、不思議な一体感。

それから東町御神楽の方たちによる餅まきが行われ、私はお餅を1つGetし、子供も飴をゲットしていました(*^▽^*)ご利益がありそうです。

臼と杵で本格的な餅つきも披露され、つきたてのお餅も振舞われました。杜々の森の名水を使用して作られた餅米らしく、粘りがありとても美味しいお餅でした。

野外では日本では珍しいモンゴルのゲル(テントのようなお家)が展示されており、自由に中に入ることができたり、たくさんの屋台が軒を連ねていて、どれを食べようか迷うほどでした。

中でも珍しいと思ったのはヤギ肉の串焼き!食べたいと思っていたら、昼過ぎには売り切れていました(´;ω;`)残念。

代わりに和牛のコンビ串(カルビとタン)を買い、シューケットというシュークリームの皮のラスクと、栃尾名物の油揚げを食べました。どれも美味しかったです。

ころころレースにも参加しました。大き目のバランスボールを転がして、置いてあるコーンを八の字によけて進むレースで、2人ずつ競います。

買っても負けても景品がもらえるので太っ腹なイベント。

ウチは1着だったので、くじを引いて200円分の商品券をゲットしました!2着でもお菓子がもらえたようです。

おりなす(栃尾産業交流センター)の中では色々な体験イベントやステージイベントが行われていました。

中でも、サイバーホイールという、空気で膨らませた大きくて長いタイヤのようなものの中に入り、転がって遊ぶ遊具に、うちの子供が大ハマり!

普段なかなか体験できない遊びに大はしゃぎでした。

ステージイベントもどれも見ごたえがあり、中でも最後のTWE BigBandの演奏が凄すぎて一瞬で虜になりました!

凄く素敵でずっと聴いていたくなる演奏でした。

県内でも有名な方たちの演奏を生で聞くことができて本当にラッキーでした。

越後長岡6大冬まつりのスタンプラリーもあり、スタンプ一つをゲット!

スタンプを2つ集めるとクリアファイル、4つ集めるとふせん付きメモ帳、6つ集めるとタオルハンカチがもらえるという事でしたが、今年は小雪の為に、越路と小国の雪まつりは中止になったらしく、スタンプラリーは2つで景品一つ目、3つで景品2つ目、4つで3つ目がもらえることになったそうです。

う~ん、せっかくなら全部Getしたいなぁ。

今年は例年になく暖冬小雪の為、雪まつりという名前ですが雪は全くなく、当初予定していた雪を使ったイベントは中止となっていましたが、イベントを変更したり増やしたりと工夫をして、イベントスタッフや地元の皆さんが一丸となり、来場者に楽しんでもらおうという温かい気持ちが伝わってくるお祭りでした。

実際、雪がなくても十分に楽しめて、ほぼ最初から最後まで会場にいました。

子ども大満足で、「また来ようね!」と帰りの車で何度も言っていました。

また連れてきてあげたいです。

今回行ったイベントの様子を動画にしました。素人の拙い編集ですがよかったら観てください。

YouTube動画『2020年 とちお游雪まつりのご紹介』

2020年 とちお游雪まつりのご紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました