投資信託の投資対象とは? 株式型や債券型、REITやバランス型など

投資

投資信託について調べていると、株式型や債券型、バランス型などの言葉を目にすると思います。
投資対象を表す言葉で、それぞれに良い所と注意したいところがあり、どのような利回りを目指すかによって選ぶ方を選択する必要があります。

色々な投資対象について、初めての人にもわかりやすいように表や図を使って説明します。

 

投資信託の投資対象

投資信託の投資対象は「株式投資信託」、「債権型投資信託」、「不動産投資信託(REIT)」などがあり、それらをバランスよく組み合わせた「バランス型」などもあります。

株式投資信託

株式投資信託は投資している株価が上がれば高い運用実績が期待でき、反面、値動き次第では損失も大きくなります。

また、運用方針によって色々な種類があります。

国内や海外など、地域によっても株式投資の特徴は異なります。

国内株式以外は為替変動のリスクがあります。また、海外では地域などでもリスクの度合いは変わってきます。

どのような会社の株式に投資しているかによってもリスクの度合いは変わってくるのでよく確認しましょう。

株式は債権と違って出資なので株価が値上がりしたら売って得る売却益(キャピタルゲイン)を狙います。

株式投資信託のメリットとデメリットをまとめました。

良くも悪くも株価の動きに左右されるので、リスクを覚悟すればリターンも得られる投資信託となります。

債券型投資信託

債券型投資信託は国債や地方債などの公社債や企業の社債などを中心に運用される投資信託です。

債券は利率や元金の償還期限が確定していることから、投資信託の中でも比較的リスクが低く、安全性が高いと言われています。

実は、債券型投資信託と言っていますが、公社債投資信託以外の投信宅は株式投資信託に分類されますこれは約款に「1%でも株式に投資できる」とあれば、実際には債権だけで運用しているファンドでも株式投資信託扱いとなる為、「債券型投資信託」と呼ばれています。

債券100%の投資信託のことを「公社債投資信託」と言います。これは、元本割れを引き起こさないように運用するのですが収益を目指す運用はしません。

債券には、国債、地方債、社債、外国債券などがあり、債券型投資信託は運用する債権の種類や地域によって分類されます。

国内の公社債を中心に運用する「国内債券型」、外国の公社債を中心に運用する「外国債券型」となっています。

また、債券は株式と違って貸し付けなので、決められた利子を満期まで受け取るインカムゲインを得るのが目的となります。

債券型投資信託のメリットとデメリットをまとめました。

債券型投資信託は株式投資信託に比べて価格変動リスクが少ないですが、大きなリターンも期待できないというのが大きな特徴です。

不動産投資信託(REIT)

不動産投資信託(REIT)とは株式と同じように証券取引所に上場して売買できる商品としての不動産投資のことです。

不動産は換金性が低く、投資金額が大きいというデメリットを解消する為、REITを証券取引所に「投資証券」として上場させて流動性を確保し、投資しやすい金額で発行しています。

不動産投資信託にも国内の不動産で運用する「国内型」と、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど海外の不動産で運用する「海外型」があります。

不動産投資信託の特徴は、不動産(商業施設やマンションなど)に投資して、賃料収入や売買益などを運用益として投資家に分配するというものです。

REITにも色々な種類があります。

バランス型

バランス型投資信託は、一つの投資信託で株式や債券、REIT、金などに投資するほか、国内・先進国・新興国などにも分散投資するしくみです。

投資家が個別に分散投資をしなくても一つのバランス型投資信託を購入すれば自然と分散投資が行えるしくみです。

定期的に見直し(リバランス)も自動的に行い、運用状況に応じて資産配分の変更も行ってくれます。その分運用コストがかかり、信託報酬等の手数料が高いと言ったデメリットもあります。

バランス型でも、株式中心に運用するファンドもあれば債券中心のファンドもありますし、全てを均等に配分して投資するというものもあるので、始める前にどのような内容の分散投資を行うのか確認をしておきましょう。

バランス型のメリットとデメリットをまとめました。

まとめ

投資対象には色々な種類があり内容も様々です。

株式で運用する株式投資信託、債券を中心に運用する債権型投資信託、不動産で運用する不動産投資信託(REIT)、多種多様な運用をするバランス型投資信託などがあり、それぞれで特徴も異なります。

投資対象によってリスクとリターンも変わってきますので、よく確認をしてから始めることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました