小額からでもできる不動産投資について 低所得主婦の私でもやれる不動産投資

投資

不動産投資というと始める前に大きな資金が必要だと思われがちですが、実際は少額であっても、いろいろな方法で資産形成を実現することが可能です。

低所得の主婦である私も現在、不動産投資を行っていて毎月利益を得ています。

不動産投資の種類と実際に私が取り組んでいる不動産投資の内容をお話します。

不動産投資の種類

動産投資とは、一軒家やマンション、アパートなどの不動産を購入して入居者に貸し出し、家賃を得るという方法。

または、購入した建物や土地を購入時の価格より高い価格で売却し、売却益を得る方法。

と、考えている人が多いかもしれません。

上記の二つは、いずれも自分で購入した不動産から収益を得る形となっているので、資金やチャンスがない人はそもそも不動産を購入することが困難です。

その為、不動産投資はお金を持っている人ができるものだと思われがちですが、私の様に初心者&資金がない人でもできる不動産投資の方法が他にもあります。

不動産投資の種類を簡単な表にしてまとめてみました。

 ※上記の表は私が考えて作ったものなので、確実な資料ではありません。参考までにご覧ください。

不動産投資と言っても、このように色々な種類と方法があります。

資金がある人は不動産を購入し所有して人に貸す方法を取ることができますが、その分リスクや様々なコストがかかることが多いです。

資金がそこまでない人は現物不動産の保有はできないけれど、リスクが少なく、そこまで手間のかからないやり方で不動産投資が可能な方法もあるということが上記の表でわかると思います。

種類別 不動産投資の特徴

投資資金が多い人であれば、自分が向いていたり、やりたい方法の不動産投資を選んで行うことが可能ですが、資金が少ない人はやりたくても手を出せない物がたくさんあると思います。

それでも、自分に合った不動産投資を選んで挑戦する事は可能なので特徴を簡単にまとめてみました。

 ※上記の表も私が考えて作成したものなので、確実な資料ではありません。参考までにご覧ください。

価格が大きければ利益も多いのかと思われがちですが、融資を受けていることが多いので返済額も大きい場合があり、価格と利益は必ず比例するわけではありません。

中古の物件の場合は最初の購入価格が新築よりも安い分、利回りは大きくなりますが、老朽化などによる設備の修繕などメンテナンス費用にコストがかかる場合もあります。

また、アパートやマンション一棟など部屋数が多いほど満室の時の利回りは良いのですが、次々と退去した後はハウスクリーニング費用が掛かったり、共有部の設備の点検などが欠かせなくなります。また入居者同士のトラブルなども起こり手間がかかることが増える場合があります。

不動産は年々価値が減っていったり、周辺の地域の様子が変化すると価値が変わったりするので、最初の利回りが永久に続くことはありません。不動産を所有していたら、いつかは出口(手放す時)を考えなければいけない時が来るかもしれません。

利回りだけで安易に物件を購入をするのはリスクを伴いますので、慎重に長い目で物事を考えて購入を検討することをお勧めします。

資金が少ない人向けの不動産投資

物件を購入・所有するお金はないけれど、不動産投資を行ってみたいという人でも可能な不動産投資の方法がありますので、それをご紹介します。

低所得主婦の私もそれらの方法の不動産投資を実際に行って毎月利益を得ています。

サブリース

サブリースは不動産会社や投資家と物件オーナーとの間で契約を行い、オーナーが所有している物件を不動産会社や投資家が入居者に貸し出す契約方式です。

オーナーには不動産会社や投資家から家賃保証額が支払われて、入居者の募集、選定などは不動産会社や投資家が行います。

簡単な例を言うと、自分がオーナーから直接部屋を借りて、その賃料よりも高い家賃で入居者へ貸し出し、その差額を収益として得るという方法です。

このサブリースはほとんどの場合は不動産会社がサブリース業者として行っているのですが、まれに、個人投資家がサブリース業者になり代わり行うことが可能です。

実際に私はこのサブリースを行っていて、自分のマイホームを探している時に知り合った、ある不動産屋店長兼不動産投資家のオーナーにお願いをしてサブリース用の部屋を一室お借りしており、毎月オーナーに賃料を支払いつつ、入居者さんから家賃をいただいております。

私が知り合ったオーナーは本当に良い人で、真剣にこちらの事を考えてくださってサブリースの許可をくださった素晴らしい人でした。このオーナーと出会えたことは人生最大の幸運かもしれません。

個人がサブリースをするのはコネやタイミングなど運も必要となりますが、決して不可能な事ではありません。

様々な不動産屋さんを訪問して信頼できる不動産屋さんや不動産オーナーと知り合って、真剣に話をしてみれば応援してくれる人も中にはいるようです。

オーナーは空室リスクを回避できるので、意外とサブリースをしても良いというオーナーも0ではないそうです。

投資家はオーナーに家賃を支払うので、たくさん儲ける事はできませんが、初期投資をかなり抑えて不動産投資を行うことができ、また、入居者さんからの家賃は自分に振り込まれるので、物件を持っていなくても大家さんのような経験を積むことができます。

REIT(リート)

REIT(リート)とはReal Estate Investment Trustの頭文字を取った略語で、不動産投資信託という意味です。

投資信託とは、投資した人のお金をひとつにまとめて専門家に運用を任せる金融商品のことを言い、株式の投資信託は有名ですが、不動産を対象にしたものをREIT(リート)と言います。

REIT(リート)は投資家に対して投資証券を販売します。そこから集まったお金を不動産投資のプロがいる投資信託委託会社に委託し、委託会社がマンションやビルを購入します。

購入した物件から得られた賃料から、諸経費や手数料を引いた利益を投資家に対して分配金として支払います。

売買のやり方で言うとREIT(リート)はほぼ株式と一緒で、気に入った商品を購入し値が高くなったら気軽に売ることができます。また、所有しているだけで定期的に分配金を得ることができます。

REIT(リート)が取り扱う国内外の様々な物件の商品を購入することができ、安い物なら3万円程度から購入することが可能です。実際に不動産を保有するわけではないので、不動産の運営や管理などはプロが代わりに行いますので自分で何か手入れなどをする必要はありません。

REIT(リート)は金融商品なのでたくさん売買を行えば多くの利益を得ることができますが、市場の値動きを読むのは容易ではなく、思うように価格が上がらない事もあります。

しかしREIT(リート)はうまく運用していれば通常の不動産を所有している時と同じように、インカムゲイン(資産を保有することによって得られる利益)とキャピタルゲイン(資産を売買した差益で得ることができる利益)を得られるので、小額から始められて不動産の価値や値動きを勉強することができます。

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングとは、複数の投資家から投資資金を募集し、借り手が投資家の代わりに不動産投資を行い、そこで得た家賃収入などの利益を投資家に分配する投資方法です。

似たようなもので『ソーシャルレンディング』という投資もあり、これは融資型クラウドファンディングとも呼ばれていて仕組みは似たようなものですが、適用される法律と投資家が得る収益の中身が違うという特徴があります。

不動産クラウドファンディングで得た収益は不動産物件の運営の利益が収入源で、ソーシャルレンディングは融資の際の返済利息が収益となります。

利益の出処が違うのが2つの投資手法の違いと言えますが、不動産クラウドファンディングはあくまで不動産投資なので投資対象となる不動産物件で利益が出なければ、投資家に利益が分配されないことがあります。

しかし、そうならない様に、優先劣後出資方式という投資家分の返済が優先され、不動産クラウドファンディング業者分の返済が後回しに(劣後)される出資の仕方を採用している業者が多くいるため、投資家の安全性が高い状態で投資を行うことができる仕組みになっております。

不動産クラウドファンディングは1万円ほどのかなり小額から投資を行うことができ、すべてインターネット上で完結できるので手間がかかりません。

また、自分ではなかなか購入することのできない物件に投資をすることができます

私もサブリースと共にこの不動産クラウドファンディングで投資を行っており、ホテルや幼稚園、賃貸マンションなどに投資を行っています。この方法で海外の不動産にも投資を行っています。

これらは自分では絶対に購入や保有することができない代物なので、そこから毎月家賃の分配を得ていると思うとなんだか面白いです。

不動産クラウドファンディングは実際にある不動産に投資を行うので、投資家は自分が投資したホテルに割引で宿泊することができたりする案件もあったりします。

もしかしたら商業ビルなどに投資をすれば、施設のテナントのクーポンや施設の利用料の割引などの特典があるファンドもいつか出るかもしれませんね。

まとめ

個人が通常の不動産投資を行うのは簡単ではありません。

不動産を購入するには大金が必要ですし、お金を借りるにしても融資が通るか不安です。また、良い物件を探して見つけるのはなかなか大変ですし、不動産登記などの手続きは一般人にはよくわからなかったりしますよね。

そして入居者探しや家賃の徴収、設備の不備や入居者や物件の隣人とのトラブル等面倒なことも起きるかもしれません。

物件を持てたとしても、建物は築年数とともに劣化をしたり価値が失われていくので、いつかは手放す判断をせざるを得ない時がくるかもしれません。その時に売却するのも一筋縄ではいかない場合が多々あるようです。

不動産投資=物件や土地を所有する という従来のやり方だけではなく、あえて物件を持たず色々な方法で不動産投資をするという方法があるという事を知っておけば選択肢は広がりますし、それらの経験をしていれば本当に物件を保有することができた時にも活かせることがあるかもしれません。

私は低所得で投資もまだまだ初心者ですが、小額からでもできるサブリースと不動産クラウドファンディングで不動産投資を行って毎月収益を得ています。

小額からしか投資に使えないので返ってくる金額も多くありません。でも、たとえ毎月の手取り金額が多くはなかったとしても自分の資金が増えている事には間違いはないですし、行動を起こしたことにより何かが変わり経験を積むことができているので、不動産投資を行えてよかったと思っています。

小額からでもできる不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました